2013年05月10日

香川に逆風!?マン∪、モイズ新監督就任発表!

香川に逆風!?マン∪、モイズ新監督就任発表!

サンケイスポーツ 5月10日(金)5時0分配信

 【マンチェスター(英国)9日】アレックス・ファーガソン監督(71)の今季限りでの退任を発表したイングランドプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが9日、来季の新監督として同エバートン監督のデービッド・モイズ氏(50)の就任を発表した。7月1日から6年の長期契約。ロングボール主体のサッカーを得意とする指揮官の就任は、所属する日本代表MF香川真司(24)にとって逆風になり得る状況。新監督が、エバートンで重用するベルギー代表の大型MFマルアン・フェライニ(25)の獲得を希望していることも判明した。

 ファーガソン監督の退任発表から一夜明け、9日付英紙がマンU新監督にエバートンのモイズ監督が就任すると一斉に報じた通り、同日午後(日本時間10日未明)にマンUが同監督の就任を正式発表した。ファーガソン監督が、同じスコットランド出身者を指名したことが決め手で、6年の長期契約となった。

 8日にモイズ監督と会談したエバートンのケンライト会長も「彼には将来を自分で決める権利がある」と同監督のマンU入りを容認。マンUに先立ちクラブ退団を発表していた。

 MF香川にとって“逆風”となり得る状況だ。香川は8日、リバプール近郊にある世界最古のチェスター競馬場でのイベントに参加。同僚たちとチェスターカップを観戦する中、ファーガソン監督の退任を知った。昨夏に直接口説かれ移籍を決意。パスサッカー転換のキーマンを託され、チームにもなじみ始めていただけに大きな衝撃を受けた様子だったという。

 モイズ氏は、2002年から率いるエバートンでは屈強な選手を並べ、ロングボールを起点に攻める典型的なイングランド流で名声を得た。リバプールのイングランド代表MFジェラードが「ロングボールばかり」と批判するほど戦術は徹底しており、スピードやボールタッチ技術が武器の小柄な香川が適応できるかは未知数だ。関係者によるとモイズ氏は就任条件のひとつとして、現クラブで重用するベルギー代表MFフェライニの獲得も要望しているという。1メートル94の屈強な体で、前線の起点となる“新監督の恋人”が加われば、厄介なライバルになる。

 香川に期待されるのは新監督を納得させる活躍だ。まずは今季の残り2節、日本代表として出場するコンフェデレーションズ杯(6月15日開幕、ブラジル)で存在感を示すことが求められる。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
芸能人ダイエット
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。