2012年08月17日

マンUにオランダ代表FW、香川の定位置影響も

マンUにオランダ代表FW、香川の定位置影響も

読売新聞 8月16日(木)22時4分配信

 【ロンドン=近藤雄二】サッカーのイングランド・プレミアリーグで日本代表の香川真司が所属するマンチェスター・ユナイテッド(マンU)は15日、同リーグのアーセナルからオランダ代表FWロビン・ファンペルシー(29)を獲得することで合意したと発表した。

 英BBC放送(電子版)によると、4年契約で移籍金は2400万ポンド(約30億円)。

 ファンペルシーは昨季、リーグ戦で30ゴールを挙げて得点王に輝いたリーグ有数のストライカー。香川にとっては、イングランド代表FWルーニーとファンペルシーのツートップの背後でトップ下としてプレーする可能性もあるが、ルーニーとファンペルシーは、一方がワントップ、もう一方がトップ下でもプレーできることから、香川のポジション争いが厳しくなることもあり得る。




posted by 競馬王 at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
芸能人ダイエット
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。