2011年12月29日

<ボクシング>井岡の挑戦者 驚異の脈拍39 予備検診

 世界ボクシング評議会(WBC)ミニマム級タイトルマッチ(31日、大阪府立体育会館)の予備検診が29日、大阪市の病院であった。同級王者、井岡一翔(井岡)は身長164.2センチ、リーチ168センチで、挑戦者の同級10位、ヨードグン・トーチャルンチャイ(タイ)より身長で5.2センチ、リーチで5.8センチそれぞれ上回った。ヨードグンの脈拍は39(井岡は48)とマラソンの世界トップ選手級の数値を示した。

 井岡は体格差について「互いの距離感も全然違うので、(自分の懐の)中に入らせないようにしたい」とコメント。ヨードグンは「脈拍39は非常に良い数値で、十二回を戦っても消耗しない。試合は六回を越えないで終わる」と自信満々だった。【来住哲司】


posted by 競馬王 at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
芸能人ダイエット
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。